2021.10.20

SHARE

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする

実例も紹介!こだわりユーティリティーづくり

URA帯広

みなさまこんにちは!
ロゴスホーム帯広 設計の うら です!

季節はすっかり秋ですね~。
街路樹も赤や黄色に染まって綺麗です!
次の休日は紅葉狩りにでも…



なんて思っているうちに、
早くも天気予報では
マイナスの文字が出てきましたね……!

日の出の時間もどんどん遅くなり、
朝は冷えるので布団から出るのも一苦労…。

頑張って起きたら
今度は洗面台の争奪戦が待っています…!

雪が降れば朝の雪かきも必要になりますし、
ただでさえ朝は時間との闘いなのに、
冬はより一層大変ですよね…。


そこで!


間取りで水まわりを
超便利にしちゃうのはいかがでしょうか!

間取り工夫でもっと使いやすい!
ユーティリティーを考えよう

朝は家族みんなが
洗面台やお風呂・キッチンなど
水まわりを使いたい時間ですよね!

どうしても混みがちな水まわり、
せっかくお家をつくるなら
家族のスタイルに合った
間取りにしましょう~!



ちなみに、

ブログメンバー設計チームでは
お家の中を順番に解説しています!

【玄関】【トイレ】
について、たくほとくっきーが
まとめてくれているので
そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

そして今回の記事の本題は、、

【ユーティリティー】

なかなか普段使いする言葉では
ないですよね…。

そこで意味を調べてみたところ、


——————————————————————-
ユーティリティー(utility/UT)
意味:ユーティリティールームの略称
   洗濯などの家事をまとめて行うための部屋
——————————————————————-



なんだそうです!
日本語でいう 家事室 ということですね!
英語で言うとなんだか格好いい…笑


つまり…

・洗濯機(+物干しスペース)
・洗面台
タオルや洗剤などの収納
脱衣も兼ねるならお風呂と接続
アイロンや洗濯物畳みのための作業台
忘れちゃいけない給湯設備
・暖房器具
・床下点検口

(エコジョーズなど)

………

こんなにたくさんの要素と役割がある
とっても大切なお部屋なんです…!!


だから使うタイミングもたくさん!
・朝の身支度ラッシュ
・夜はお風呂の順番待ち
・毎日の掃除洗濯
などなど………



これは混みあってしまったり
ついつい物で散らかってしまったりするのも
頷けますね………。



だからこそ!


自分たちに合った
使いやすいユーティリティーを
見つけましょう!

色々な ”UT” のカタチ

①UT:1室

シンプル イズ ベスト!
まずは1室にまとめてみましょう!

洗面台・洗濯機・給湯設備を一部屋に!
脱衣室を兼ね、
要素をぎゅぎゅっとコンパクトにしています。

必要なものスペース確保しながら、
床面積抑えた
基本の形です!


「誰かが入浴しているときに
洗面台が使えなくて困る…」というときは、

ユーティリティーを
カーテンなどで仕切るだけで
とっても使いやすくなりますよ~!!

②UT+脱衣:2室

お次は
脱衣室だけ扉で仕切ってみます!

脱衣を部屋として分けると
安心感が増しますね!

ゆったりお風呂時間を満喫したい場合や
家族が多い方・来客がある方などは

しっかり用途ごとに分けることで
洗面・脱衣どちらも気兼ねなく使えます!

広めに空間を取りタオル収納を設けると、
お風呂から上がった際スムーズにタオルを取り出せて
とっても便利ですよ~!

③UT+洗面:2室

今度は
洗面台を独立して設けてみます!

洗面台は、
手洗い・歯磨き・洗顔・お化粧・ヘアセットなど
使うタイミングが特にたくさんありますよね!

また、

「脱衣室にはタオルを収納したい!」
「でも洗濯機や乾燥機・乾太くんの近くがいい!」
「だけど脱衣室は独立して設けたい!」

そんなときは、このように
洗面台だけ独立させるという手もあります!



お風呂 → 洗濯機 → 収納 → お風呂 → 洗濯機…
と、タオル類の流れを意識して
洗濯機の位置を決めるのがおすすめです!



ユーティリティーの扉を閉めておけるので
ステンパイプを設けて
いつでも洗濯物を干しておくこともできちゃいますね!

来客時、急いで洗濯物を隠す必要もありません!


ちなみに ↓ これ ↓ がステンパイプです!

④洗面+UT+脱衣:3室

ラスト!
思い切って全部別の部屋にしてみましょう~!!

脱衣もお洗濯も洗面台も
同時にゆったり使えます!


人生の一大イベントであるマイホーム計画。
「水まわりにこだわりたい!
「家族が多いので全部同時に使えるようにしたい!」
という方は、

思い切ってゆったりスペースを確保するのも手です!



玄関と洗面台の間にをあえて設けないようにすると
帰宅後、寄り道せずに手洗いができますね!

このご時世、
どこも触らずに清潔にできるのは安心感がありますし、
手洗い習慣を身に着けやすい動線にもなっています!



また、脱衣室の左右にお風呂と洗濯室を並べることで、
「干している洗濯物を掻き分けてお風呂へ」……
なんてことも無くせます!

ひと工夫加えるだけで、
色々な使い方に合わせることができちゃいます!
これが自分だけの間取りのいいところですね~!

家族にぴったりのこだわり空間で毎日を楽に!

ここまで、
色々なユーティリティーの形を
ご紹介してきました!

他にも、収納を広々設けたり…

オリジナルの
造作洗面台をつくったり…

ニッチを設けて
お洒落に魅せる収納にしたり…

お洗濯と物干しのための特別なお部屋をつくったり…!

色々な工夫とアイデア次第で
オリジナルのベストマッチユーティリティーを
お家につくることができますよ!



ロゴスホームでは
設計インテリアコーディネーター
それぞれひとりずつ担当しますので、

それぞれの得意分野
お客様にとって理想のユーティリティー
実現します!



今回の記事でご紹介したのは
あくまで一例ですので、

実際にご計画される際は
ぜひお近くのロゴスホーム
直接 設計士とご相談くださいね!

今回の記事はここまでです!

これからもブログメンバーが
お役立ち情報続々投稿していきますので、
お見逃しなく~~!!!

ロゴスホーム帯広 設計の うらがお送りしました!

この記事を書いた人

URA

帯広

幸せな暮らしと思い出をつくります!

SHARE

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
TOP