2020.03.28

SHARE

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする

注文住宅に収納は作りすぎない方がいい??

ZUKKA帯広

皆さんこんにちは!

LH帯広のづっかです。

本州の方では桜の季節になりましたね!

そして私は帯広に来てやっと1年経ちました。

もう間もなく後輩が入ってきます。

先輩になっちゃう…!!((震声))

本日は、前回の続き…

と行きたいところですが、

今回は息抜き回ということで

ちょっとお話したかった収納のことについて

記事を書こうかなと思います(*‘ω‘ *)

それでは行きましょう!!

収納は広いほうが良い??

大体のお客様が、

「収納は広く取りたい!」

とお考えだと思います。

せっかく新築を建てるんですから、

収納は広く!

あまり物で溢れない家にしたい!

と思うのは自然なことでしょう。

しかし、

本当に必要な収納

必要なかった収納ってあると思うんですよね。

収納ってあればいいってものでもありません!

言ってしまえば、

収納があればあるだけ物は増えますし、

管理できない物も増えてきます。

どういうことかというと、

収納があるとしまえるから大丈夫~!

なーんて思っちゃって、買いがち。(笑)

あるあるですね。(笑)

そして収納の中にしまわれてしまったものを

奥底にしまい込んで半年とか放置…

どこに何をしまったかもわからない。

なんてこともしばしば。

なので、一概に収納を広く!

というよりは、

効率のいい収納をするために

計画的に作った方が使いやすい収納が出来上がります!

ハウスメーカーの中では、

収納内の棚が完全にオプションで追加費用が掛かる。

なんてこともあります。

せっかくお金かけて作った収納も

使いづらかったら後悔ですよね…。

それを使いやすく御提案するのも

私たちコーディネーターだったり、

設計担当だったりしますので

ご相談いただければなと思います(^^

収納の中に棚は必要?

最近希望される方が多い

「可動棚」ですが、

使い勝手をちゃんと考えてから

つけたほうが良い

オプションかなと個人的には思います。

その名の通り、動かせる棚なので、

入れたいものによって高さを変えられるのは

かなり使い勝手いいかなとは思います。

しかし、

ウォークインクローゼットのほとんどを

可動棚にしてしまうと

コートやスーツなど「かける収納」をしたいものの

場所がなくなってしまいます。

何事も程度という物が肝心で、

魅力的に見える可動棚も、

使う用途がしっかりしていなければ

使い勝手も悪くなってしまうだけなので

「しまう予定のもの」を

明確にしてからでも遅くはないのかなと思います★

最近はInstagramとかSNSで

収納を綺麗にしている方や、

収納アドバイザーの方が

事例だったり、おすすめポイントだったりを

更新されているのでそういうのも参考にしてみると

いいかなと思います。

個人的にはそこまで細かく収納を

整えられる自信がないので、

基本的に「掛ける収納」派です(笑)

見た目で付けたい!ってなる方も

もちろんいらっしゃるかと思いますが、

しまう物とどういう風に収納したいかを

よく考えて付けることをお勧めします。

施工で付けちゃったら外せないですからね(´・ω・`)

自分がどこまで整理整頓ができて、

どれだけ荷物があって、

何をどこに置くかが決まってからでも

収納内を決めるのは遅くないかなと思いますよ!

後は実際住んでみて、

ここに棚が欲しいなと感じたら

寸法を測って、似合う棚を買ってくる方が

初期費用や、

無駄な出費を抑えられる気がします(*‘ω‘ *)

さて本日は、

注文住宅等の、収納についてさらっと

お話させていただきました。

次回は前回の続きで、

コーディネーターが選ぶ!

新築に絶対付けたいおすすめ設備★第三弾!

を、お話します!

それではまた次回のブログでお会いしましょう!!

前回のブログはこちらから!!

この記事を書いた人

ZUKKA

帯広

お客様の抱く理想の家、インテリアを形にするお手伝いをさせていただきます。楽しく一緒に家づくりしましょう!

SHARE

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
TOP