ブログ

住宅購入に頭金は必要?の写真

住宅購入に頭金は必要?

  • #資金計画
KASUMIN

ハウジングカフェ札幌東店 / KASUMIN

こんにちは。ハウジングカフェ札幌東のかすみんです。
コロナウイルスの拡大により、世界中で混乱が長引いておりますね。
今年のゴールデンウィークの旅行や予定がキャンセルとなってしまった方も多いのではないでしょうか。
毎日コロナウイルスの報道、テーマパークや大型施設の休園休業、外出自粛要請…。
暗く大変な話題が続きますが、早く収束してもらうことを願うばかりです。

さて、最近お客様からは、「自宅にいてもすることが無くネットで家を探している」「住宅購入について調べている」等、よくお話を伺います。

皆様のご自宅での過ごし方がより有意義になりますように、私たちもブログの更新を頑張っていきますね。

今後住宅購入を検討されている方。
購入には現金がいくらあったら大丈夫?頭金をいくら出したらいいの?無いと家が買えないの?とお金のこと、とっても気になりますよね。
今回はそんな「住宅購入にかかわる頭金のお話」を致します。

住宅購入に頭金は必要?

結論から申しますと、“絶対“必要というわけではありません。
頭金がゼロ(全額ローンを借りて支払う)ことも可能です。
※お客様の状況や銀行条件により違いがありますので、詳細は住宅営業又は銀行へご相談ください。

よく、「100万円は頭金として出した方が良い」「全体の●%は頭金として出した方が良い」等と聞いたことがあるんですけど…。とお客様からお話頂くことがありますが、
それはお客様のご希望で変わってきますので、資金の計画をする際に将来のことも見据えてご相談をおすすめします。

「手付金」が現金が必要だけど、ローンに組み込むことも。

ちなみに、土地や建売住宅を売買契約する際に、契約時に「手付金」という、
売主様へ契約金額の5%~10%を現金でお支払いする制度があります。
1000万円の土地ですと50万円~100万円と大きなお金が必要となるので、
ここで「貯金を切り崩さないとだめなのか…」「貯金が無くなってしまう…」と不安になってしまう方も少なくありません。
例えば1000万円のうち50万円を契約時の手付金として売主様にお支払い、
一時的に貯金などからお支払い頂きますが、土地の住宅ローンとして1000万円お借入れしましたら、残りの950万円を支払ったときに口座に50万円が残ります。
これを切り崩していた貯金に補填してあげれば良いので、全額ローンで貯金を使ったことになりません。
「現金」を出すことになるので、「頭金は50万円~100万円程必要なんだ!」と思いがちですが、ローンで補填できますので、ご安心くださいね。

どういう状況なら頭金を出すべき?

もちろんお客様ごとにベストなご提案は変わってまいります。

住宅ローンを借りると「住宅ローン控除」として所得税からお金が控除され戻ってくる制度もありますので、戻ってくる金額によっては頭金を入れずに丸ごと借りてしまった方が良い場合もあります。

後から戻ってくるお金ではなく、とにかく月々の負担を減らしたい!という方でしたら、
頭金をできるだけいれてしまうのが良いと思います。

●年後にお子様の進学等でまとまったお金が必要になる。等、お金を使うタイミングが明確になっている場合も、頭金を使わずとっておくのが良いかもしれません。

上記のように、将来を見据えて、お客様のご希望が月々の支払なのか、トータルでお得なのかによって、判断が変わってまいります。

また、住宅ローンは繰り上げ返済ができますので、「丸ごと借りて住宅ローン控除をもらいきってから頭金の予定だったお金を繰り上げ返済に利用する」のも1つですね。
住宅ローンは「長く組んで短く返す」と住宅ローン控除分も貰えてお得になるケースもありますので、資金の計画をされる時に住宅ローンシュミレーションを行ってみると良いですね。

頭金のことで悩まれている方がいらっしゃいましたら、ご自身の優先順位が何かをご検討されてみてください。店舗へのご相談も喜んでお待ちしております。

ロゴスホームのことが
もっとわかる
カタログがもらえる!

写真:資料
写真:資料

資料請求する

share

ライター

KASUMIN

ハウジングカフェ札幌東店

KASUMIN

お客様に「ロゴスホームで建ててよかった!」と言っていただけるようなご提案をしていきたいです!

KASUMIN の記事一覧へ