ブログ

上手な固定資産税対策の写真

上手な固定資産税対策

  • #資金計画
TACCHAN

ハウジングカフェ千歳店 / TACCHAN

皆さんこんにちは!!
ハウジングカフェ千歳 たっちゃんです(*'▽')

私事ですが、本日11月28日(木)で24歳となりました!!

支店スタッフ、家族、友人、みんなからおめでとうの言葉やプレゼント

なんかも貰い、支えてくださる周りの方々には改めて感謝の気持ちでいっぱいです( *´艸`)

写真は友人からの誕生日プレゼント❕❕

10年来の仲だけあって好みを分かってる。。。

大切に着ます( *´艸`)



上手な固定資産税対策

今回はお家を建てるとかかってくる固定資産税の対策についてお話します!!

固定資産税とは、土地・建物を購入した際に毎年かかってくる税金の事です。

毎年、1月1日時点での土地・建物の所有者が納税義務者となります。

では、その固定資産税はどうやって金額が決まっていくのか。。。

しっかり計算式があります!!

固定資産税評価額×1.4%=収める税額

上記計算式が基本です。
その上で、土地・建物それぞれに減税制度が設けられています!!

■建物
➡1戸あたり、120㎡までの部分までの税額が1/2へ減税
 120㎡を超える部分については課税対象外

■土地
➡200㎡以上の部分:土地評価額×1/3
 200㎡以下の部分:土地評価額×1/6

上記内容の減税制度が国で定められています!!

こちらの減税手続きについては、時期が来たら、担当営業からのアナウンスがある事が多いです!!

減税後の固定資産税のお客様負担額は、地域や建物の大きさ・土地の大きさ等の条件によって変動はありますが、一般的な戸建て住宅のサイズで見ていくと年間10~12万前後になるケースが多いです。


支払い時期について
年4回の分割支払いが基本です。

第1期 6月1日~7月1日
第2期 9月1日~9月30日
 第3期 12月1日~12月27日
第4期 2月1日~3月2日

支払い方法4選
①現金窓口支払い
⇒コンビニでのお支払いも可能です!
②口座引き落とし
③ペイジー支払い
⇒ペイジーマークの付いた納付書のみ
ATM等での支払い可能
④クレジットカード払い
支払いの時期については、1期~4期の年間4回、お支払いのタイミングがあります。
ちなみに4回に分けて支払う事も可能ですし、1階の支払いでまとめて全額支払う事も可能なので、お客様のその年の経済上を考えた上で、お客様自身で支払い時期を決める事が出来ます

住宅ローン控除を利用しよう

では、この年間10~13万円の支払いをどこから捻出しよう。。。
と考えたとき、色々選択肢はありますが、僕がおススメさせて頂いているのが、住宅ローン控除で戻ってくるお金を固定資産税に充てるというものです!!

住宅ローン控除とは、毎年の年末調整で、1年目~10年目までは住宅ローン残高の1%もしくは所得税・住民税合計のいずれか低い方、11年目~13年目は建物価格の2%もしくは住宅ローン残高の1%が国からお金が戻ってくるという制度です。

この住宅ローン控除で戻ってくる金額をそのまま、固定資産税の納税に回すことで、お家を買ってから13年間の固定資産税の負担額が実質かなり少なくなります。
さらに、建物の固定資産税については、減価償却により年々価値が下がっていくの、固定資産税の負担金額は少なくなっていきます。

また、多くのお客様にとって、住宅を取得してからの10~13年間はまだお子様が小さく、学費や養育費等々、子育ての中で支出の多い時期と重なるケースが多いです。

そのお金がかかる時期の納税負担を、住宅ローン控除で戻ってくる金額で賄う事で、日々の生活がより余裕にのあるものに変わっていくのではないでしょうか!!

もちろんこれは、僕の個人の意見ですので、必ずしも正解というわけではありません。

ただ、選択肢として、こんなお金の使い方もあるんだという参考になれば嬉しいです( *´艸`)

長々と書きましたが、今回は以上になります!!

皆さんのお家造りの手助けに少しでもなっていると幸いです( ^)o(^ )

それではまた次回お会いしましょう!!

share

ライター

TACCHAN

ハウジングカフェ千歳店

TACCHAN

お客様に、お家作りを任せて良かった!!と思って頂ける人間を目指し日々精進します!

TACCHAN の記事一覧へ