ブログ

世界にたったひとつのの写真

世界にたったひとつの

みなさん、こんにちは!!

秋の風が寒くなってきましたね。

釧路支店の野中です(*^_^*)

 

 

この2日間お休みをいただき、札幌の実家に帰省してきました!(^^)!

紅葉がとてもきれいでした。

 

 1

 

 

以前も触れたことがありますが、実家は13年前の私が小学校6年生の時に完全注文住宅で計画しました。

 

 

子どもながら、設計さんと何度も何度も間取りを計画する両親の姿がすごく印象に残っています。

この住宅業界に興味を持ったのもこの経験があったからかもしれないなと思う今日この頃です!!

 

 

築13年となりますが、今のマイホーム計画とつながりがあるポイントを発見したので今日はそれをご紹介しようかと思います~。

 

 

一家族一家族ごとの考え方、家族みんなの考え方

 

マイホームを計画するのは十人十色。

本当にたくさんの考え方があると感じます。

 

たとえば。。。

 

実家には食洗機がありません。

13年前は今よりももっと高級な物でしたが、4人兄弟で6人家族の野中家ですので父は母の負担を減らすためにつけることに前向きでした。

 

しかし、母が出した答えは「みんながお手伝いしたら大丈夫!!」

そうなのです。自分の食べた食器は自分で片づけることが野中家ルールになりました。

もちろん父も、現在に至るまで洗っています!(^^)!

 

おかげで食べたものはすぐ洗う癖もついて、一人暮らしを始めてからも役に立っています。

 

 

 

テレビがないんです!!

 

 

実家を紹介すると一番驚かれるポイントです。

引越し前はありましたが、新築を機に置かなくなりました。

 

その代り、いたるところに本棚が!(^^)!

一階の小上がりが3面本棚になっている以外にも、2階の各部屋に各自本棚があります。

 

何冊あるかはだれもわかりません(^_^;)

野中蔵書と呼ばれるこの本の数なので、プチ図書館ができる気がして仕方ありません(笑)

 

もちろん、動画などはパソコンでみれたので気になるものはそっちで見ていました。

おかげでパソコンも使えるようになって一石二鳥!?

 

 

テレビはいらないってわけじゃありませんが、本当に必要な個所はどこかを改めて考えてみるのも良いのではないでしょうか??

 

 

トイレは各階にあります

 

先ほども書いたように6人家族の大人数ですので、1個では朝の忙しい時間に埋まってしまいます。

 

2階にトイレを増設するのはもちろん費用が掛かります。

欲しい物か必要な物が考えたときに、野中家では「必要な物」に!!

 

おかげで、朝のラッシュで固まってもそんなにあわてることがありませんでした!(^^)!

 

 

 

実際に暮らしてみて、洗面台は実は顔が洗いずらかったとか、気になることはもちろんあります。

それでも、嫌にならないのはマイホームを計画する両親と、それに答えてくれようと一生懸命にプランを作ってくれた設計さんをみているから(*^_^*)

 

 

マイホームについて悩んで相談して決めたことはしっかりと思い出になっていきます。

もちろん、子供にも(*^_^*)

 

だから、実家に帰るといつもワクワクします!!

 

父の撮影した写真を拝借(^o^)丿

3

私はこんな家で育ちました~

 

 

 

一生に何度も建てることのない、マイホーム。

夢のマイホーム計画というノートを作ってご夫婦でイメージを膨らませている素敵なご家族に巡り合ったこともありました(*^_^*)

 

 

 

このブログが、世界にたった一つのみなさんのご家族にとって「マイホーム計画とは?」、「大切なことは何なのか?」そんなことを考えるきっかけの一つになったらうれしいなと思います。

 

 

 

どこかにいる、たった一つのご家族を探しています

 

釧路支店では、1年間モデルハウスとして公開させていただいた、「シャンパーニュシックデザイン」モデルハウスのオーナーさんを募集しています。

 

優しい時間がゆったりと流れるような、暖かい雰囲気のおうち。

 IMG_1368

 

 

金額、お引渡時期などはお気軽にお問い合わせください!!

もちろん実際に見ていただくこともできます。

 

今週末の10月24日(土)、25日(日)はご見学が可能となっております。

場所:釧路市昭和南5丁目12番22

 

お問合せ先:0154-68-4126(ロゴスホーム釧路支店)

 

 

お気軽に足をお運びください!!

 

 

 

このおうちにぴったりのあなたに届くことを願って(^_-)

 

 

share