ブログ

住宅ローンの対価の写真

住宅ローンの対価

 

ロゴスホームを愛する男、

釧路支店の谷口です☮

 

今回のブログは

僕も毎月支払っている住宅ローンについて。

アドバイスというよりは、

僕の感想です。

 

 

35年間のプレッシャーは、もう無い

 

住宅ローンの事を

『35年間支払い続けなきゃいけない束縛』

という人もいれば、

『家族との幸せな暮らしの対価』

と言う人もいます。

 

自分の家を建てた上で思う僕の持論は、

マイホームは

『家族の暮らしを幸せに演出してくれるステージ』

 

僕は自分のマイホームで、

娘と一緒に1坪のお風呂に入っている時も

キッチンに立つ妻をリビングのソファからチラ見した時も

仲の良いお隣さんと庭で炭を熾して焼肉をしている時も

そんな事を実感しています。

 

僕が支払っている月々の住宅ローンは

今までのアパート家賃よりも1万円くらい高いけど、

この暮らしは十分に見合う対価。

 

 

今から1年半前、

銀行との

『35年の住宅ローン契約書』

に判を押す時は

僕も手に汗握る場面でした。

 

でもその日以来、

なんだかもうそのプレッシャーは忘れました。

 

あまりにも住宅ローンは、

この暮らしの対価に見合っています。

 

 

親父の一言

 

僕が家を考え始めた時、

実家の父親に

『実家建替えて一緒に暮らすか?』

って社交辞令のように聞いたことがありました。

 

でも父親は

『俺が建てた家に、手をつけるな』

って言いました。

 

コツコツと働いてようやく完済した住宅ローン。

壊されるのが嫌だったのか。

それとも

僕が密かに土地代を浮かせようとしたのを察したのか。

 

僕は続けて、

『何のタイミングでこの家建てたの?』

と聞いたら、

『お前ら子供3人を母さんが一生懸命育ててくれてたからよぉ』

『そんで、家建てたいって言うからよぉ』

って言ってました。

 

父にとってのマイホームは、

3人の子供を育てる自分の妻が

もっと良い環境で子育てできるようになる為。

それが、住宅ローンの対価でした。

 

 

住宅ローンを組むのが嫌だから、家は建てたくない。

でも家を建てる事で得られる『対価』を知ったら、

もしかするとマイホーム計画の第一歩がスタートするかもしれません(^_^)

 

 

今週末の見学会情報はコチラ

ご家族皆さんでお越しください(^_^)

 

LH釧路p

 

 

share