ブログ

お家の保険。入門編の写真

お家の保険。入門編

みなさまこんにちは!!

この夏はいかがお過ごしでしょうか。

 

お盆期間中、私は母方の実家がある福岡にて過ごしました~

 

釧路に帰ってくると、すでに秋の雰囲気。

やっぱり北海道はお盆をすぎると夏も終わりですね。

 

 

でも、そんな中こちらはまだまだ夏を楽しんでいます。

 

__

釧路支店の一部で変わらずブームが続いているふち子”夏バージョン”

 

支店長ふーみんとのツーショットを思わずパチリと。。。!(^^)!

 

 

 

ゲリラ豪雨、みなさま大丈夫でしたか??

 

お盆期間直前、帯広や釧路など十勝地方や道東地方で激しい雷雨がありましたね((+_+))

 

釧路支店では近くに雷が落ちて、一瞬電気が消えたりなどちょっとひやひや。。。

帯広もハウジングカフェ事務所の前は浸水で道路が大変なことになったとか。。。

 

 

釧路も一時はこのような状態になっていました。

 1

 

みなさまのお住まいの地域、お家は大丈夫でしたか??

 

 

お家の保険~火災保険~

住宅ローンを借りると、借入期間分加入しなければいけないのが家の保険である「火災保険」です。

 

せっかくですので、今回はホームアドバイザーの目線から簡単に火災保険についてご説明しようと思います(*^_^*)

 

 

*火災保険とは*

建物に対して掛ける保険で、住宅ローンを組む場合は入らなければいけないことが多くなっています。

「火災保険」とは火事で家が燃えてしまったときに補償(保険金の支払い)される保険です。

 

補償内容を組み合わせることによって、

火災以外にも「落雷、風災、雪災、水災、物体の飛来、盗難」など

様々な事故の種類を組み合わせることができるのも火災保険の特徴です。

 

 

もちろん、補償を厚くするほど保険金額は上がっていきます。

 

ですので、お住まいの地域ごとに補償内容を選択してくことも大切です。

 

例えば、

海岸近くで強風が心配という地域には「風災」を、

川辺の近くで床上浸水になる可能性が高いという地域には「水災」を

 

プラスで保証していくという選択です(*^_^*)

 

 

*地震保険*

地震による災害で発生した損失を補償する保険になり、火災保険と組み合わせることで加入できる保険です。

 

地震による津波で起こった浸水はこの地震保険の対象になってきます。

また地震による火災や損害もこちらの地震保険の対象となるのが特徴です!!

 

近年は巨大地震のリスクがあることから、保険料の見直しが随時行われています。

 

東日本大震災の経験から、地震保険には加入しようという方は年々増えてきているようです。

 

 

*ご家族にあった選択を*

今回はさわりだけのご紹介となりましたが、火災保険の選択とはとても奥が深いものです。

 

また、今年の10月以降に受け付ける火災保険の保証期間を最長10年とするという改定も行われています。

 

刻一刻と変化する火災保険や地震保険の補償内容や保険料など、ご家族それぞれにあった選択が大切です(*^_^*)

 

 

少しむずかしくなってしまいましたね。反省。。。

 

 

家づくりにおいて、間取りや資金計画などはもちろん大切ですが、

これから住んでいく家を守るための保険も大切なポイントです。

 

気になった方はぜひ一度ホームアドバイザーにお尋ねくださいね!!

 

 

釧路から行けるおすすめスポット♥『帯広ショールームL-mina』

帯広にある、全天候型住宅体感ショールーム「L-mina」

lmina

 

 

ここ最近、ブログで紹介されていましたが、とうとう今週末からリニューアルオープンです!!

 

私はまだ見れていないのですが、そのうち遊びに行こうかな~

場所についてはこちらのページからどうぞ!(^^)!

 

 

 なんと、釧路や中標津方面からエルミナへ足を運んでくださった方にはちょっとしたプレゼントも。。。!!

 

行く前にコソっと各支店、営業所のホームアドバイザーにご相談くださいね♥

 

釧路支店連絡先:0154-68-4126

ホームアドバイザー→ふーみん、マッキ―、のん、はるちゃん

 

中標津営業所連絡先:0153-73-1726

ホームアドバイザー→まっちゃん

 

 

この夏の思い出づくりにぜひどうぞ(^o^)丿

 

share