ブログ

お祭りごと(パート2)の写真

お祭りごと(パート2)

 

こんばんわ!ロゴスホーム苫小牧支店の川田ですm(__)m

前回のブログでこれからは「雪男」です!と言いましたが、苫小牧の今のお天気は雨です。。。

この師走の忙しい時期になぜ雨が降っているのか(-_-;)

苫小牧支店では当然「雨男」である僕の責任になっています(-"-)

 

上棟式

さて先日「地鎮祭」のお話をさせて頂きましたが、今回は「上棟式」のお話をさせて頂きます。

「上棟式」はいつやるものなのか?というのは名前の通り「棟が上がった時です」DSCN3640

この写真のように屋根が出来たときが、おおよそ「上棟」となります(^_^)/

そしてこの時期で行われるお祭りごとが「上棟式」ですね!

上棟式では地鎮祭と同じく「神主さん」をお呼びして「このお家の家内安全・円満をお願いします」と祈祷します(^_^)/

12.1 007

その式の際に一緒に祈祷するもの「棟札」になります。

「棟札」には「建築年月日」「建主様の御名前」「大工棟梁の御名前」などが記載されてあり、それを屋根裏などお家の高い位置で見えない部分に固定します。

12.1 025

こちらが棟札です!この棟札にも形や本数など各土地・神社で形式が違うようです。

そしてこのお札も屋根裏に固定してしまうので、もう見ることは無くなってしまいますねm(__)m

 

この他にもお家の四方に御餅をお供えしたり

12.1 002

 

玄関先に清め塩をまいたりします

12.1 019

 

このような数々の催しがあるわけですね!

 

まとめ

上棟式にはもちろん「家内安全・円満」などを込めて祈祷するわけですが、ただそれだけではなく、建築中のお家の一個の節目としての意味もあると思います。

 

それは「お家が形になりました(^O^)」っていう神様へのお知らせのようなものだと思います!

これも一生に一度の思い出になるのではないでしょうか?(^_^)/

 

建築をご検討中の方、またはまだ上棟してないという方はぜひぜひ「上棟式」を!

そして「御餅まき」をしましょう(*^_^*)笑

※これは僕がやってみたいというだけです。

 

 

share