ブログ

注文住宅に多いインテリアの悩み。の写真

注文住宅に多いインテリアの悩み。

  • #インテリア・デザイン
ZUKKA

帯広 / ZUKKA

皆さんこんにちは LH帯広のづっかです。

 

最近の帯広は本当に寒くて、

もう冬がすぐそこまで来ている

恐怖を感じながら毎日生活しています。    

本当に冬が怖い…

 

 

でも私はスノーボードが好きなので、

雪山に行くのは本当に楽しみでしょうがないです!

 

矛盾していますが雪は山にだけ降れば

いいのにってずっと思っています(笑)

私のお気に入りの雪山写真を

トップに載せておきますね♥

 

これは山形県、蔵王スキー場の頂上の写真です。

こんなに快晴になるのは本当に珍しくて、

とってもラッキーな日でした(*’ω’*)

 

さて本日は!!

インテリアコーディネーターづっかが

皆様に伝えたい、

インテリアの重要さ

についてお話できたらなと思います。

 

前々回、 「家具で作るモダンなお家」

というブログで

家具について少し話させていただきました。

前々回は、モダンテイストをメインに色味、

素材に着目して お話しましたが、

今回はテイストとかを特に決めず、

幅広い「インテリア」を詰め合わせて

お話できたらなと思います!!

 

 

題名で「注文住宅」と表記してはいますが、

もちろん注文住宅でなくともこれは

全員に言えることでもあるので

 

アパートだしなぁ…  とか、

建売だから…     とか

 

思わず見ていただけたらなと 思います(笑)

 

それでは行きましょう!!

Let's go~!!

 

「インテリア」の種類って

こんなにある

 

インテリアと一言にいっても、たくさんの種類があります。

インテリアって「室内装飾」と訳されるんですが、

いやいや、室内装飾ってまとめたねぇ(笑) ってなりました。

いや、悪いとは全然思いませんし

ごもっともだなと思いますけどね。(笑)

 

それこそ、家具はもちろん、照明、カーテン、

カーペット、クロスや

こまごまとした置物、

キッチン等の住設機器まで

すべて「インテリア」なんです。

要は、家の中を色づけるもの全部

インテリアなんですよ(笑)

 

最近では、インテリア家電とか、

インテリアグリーンといわれる

装飾品としての家電や植物も

インテリアに含まれてきています。

インテリアって奥が深いですよね。

 

 

今現在、

受け持たせて頂いているお客様から、

家具の配置がわからない!!  とか、

今計画中の家が

今の家具と合うか分からない…  という

意見をいただくことがあります。

 

新築計画中だけど予算的に家の中の家具を

まるっと買い替えるって予算的にも厳しいと思います。

家具ってそろえようと思ったら結構な金額いきますからね…

 

 

みんなが抱える悩みって

いくら洋服のセンスがある人でも、

お部屋のコーディネートまで

納得がいくようにできるかと言われたら

なかなかそうもいかないのが現実なんです。

 

あと抱える悩みとしては、

好みの家具をそろえたら

なんか合わない…  とか、

カーテンがしっくりこない… とか。

なかなか理想のお部屋にするのって難しいんです。

 

 

もちろん皆様の近くに私たちみたいな

インテリアコーディネーターがいれば

相談できたりできますが、

そういう時に限って近くにいないものです(笑)

 

そういうときの解決策は

どうしたらいいの?

 

解決策として一番いいのが、

近くにインテリアに詳しい人がいないときは

事例写真を見て参考にすること!

 

ネット社会である今、インスタや他アプリで

検索すると本当にいろんなものが出てきます。

むしろ余計迷ってしまうという方もいらっしゃいますが(笑)

 

 

インテリアテイストもたくさんあるし、

選べない!!

って思うかもしれませんが、

見て悩むのも楽しみの一つだと

私は思っています(笑)

 

色味に関しても、

多くてもアクセントカラーを3色に抑える。

というのを意識してみてください。

 

人って、いろいろな色がありすぎると

落ち着かないんですよ。

 

様々な人がいるので

一概には言えないのですが、

平均的にお部屋で使う色は

3色くらいで抑えられていたり、

同系色でまとめられていると

「まとまりがあるな」と感じます。

 

たとえば、

「家具の色とフローリングの色を合わせる」

という決まりを一つ設けます。

 

そうすると、目に見えてくる木の面は

基本的に同じ色なので

ソファやカーテンで

他の色を入れてあげても

全然違和感は ありませんし、

なんならまとまりがあるなと感じます。

 

逆に、フローリングが白かった場合、

テーブルやTVボードの木目が出てくる部分を

全部ウォールナット(暗めの茶色)に

統一すると空間が締まってきます。

 

 

いずれにせよ家具で木を使う場合

家具同士の木の色は統一してあげた方が

空間としてまとまりが出てきます。

 

言葉で説明しても

なかなかイメージが付きづらいと思うので

今回は帯広のショールーム

「Lmina」でご説明しますね!

 

まず一棟目です。

 


 

これは、たくさん色を使っていますが、

この写真の「木」の部分に着目していただくと

木目の部分はほとんど同じ色味でそろえています。


二棟目です。

ここも木目の部分は同じ色味で

統一されているのが

見て取れると思います。

 


 

三棟目。

ここも同じく木の部分は同じ色味です。

ソファの色味も同系色でまとめられています。


最後に四棟目。

ここは他と違い、

フロアの色味は白ですが、

テーブルやキッチン笠木、

奥に小さく見えるインテリアカウンターは

フロアとは異なる色味で構成されています。

 

他にアクセントカラーを取り入れたいと思ったら、

「素材」を意識して取り入れてみてください。

 

今まで「木」についての色味のお話でしたが、

そんなことしたら好きな色が取り入れられない!

とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そんなことありませんよ!!!!

 

 

例えばソファ。

多いものだと布タイプのソファですよね。

他にも革とかありますが、これは「布」であり、

「木」ではありませんので

お好きな色を選んでいただいても

違和感は全然ありません。

ソファを目立たせたいか、

それともソファを含めて統一感を 出したいか。

という選択だと思います。

 

四棟目の写真は、

ソファにネイビーを取り入れているので

きつすぎないアクセントになっていますが

特に違和感なくまとまっていますよね?

 

要は、

インテリアのどこに重点を置くかです。

 

一番目立たせたい部分はどこか。

というわけですね。

 

素材が変われば、

色味は違くたって大丈夫なんです。

でもあんまりたくさんの素材を入れすぎても

バラバラしてしまうので

これも3・4種類くらいに抑えた方が

いいかなと思います。

 

 

ここまでたくさんご説明してきましたが

まとめると…

 

・色味は大体3・4色までに抑える

・素材を意識して素材ごとに色味をそろえてあげる

・3・4種類の素材でまとめてあげる

 

もちろんこれ以外にも

家具のデザインだったりも影響しては来ますが

まずは少しづつ意識して

身の回りの家具に

目を向けてみるといいかなと思いますよ(*‘ω‘ *)

 

家具で悩んだりしたことも、

もしマイホーム計画中の方でしたら

インテリアコーディネーターや設計、

担当の営業さんに

こそっと相談してみてください(笑)

 

私たちはお家づくりのプロです。

少しでも悩んだこと、疑問に思ったこと、

たくさんたくさん聞いてください!!

※私はまだ新人なので見習いですが(笑)

 

 

それでは本日はこの辺で!

 

また次回のブログでお会いしましょう!!

share

ライター

ZUKKA

帯広

ZUKKA

お客様の抱く理想の家、インテリアを形にするお手伝いをさせていただきます。楽しく一緒に家づくりしましょう!

ZUKKA の記事一覧へ