ブログ

『お家のお顔!』今トレンドの外観って?の写真

『お家のお顔!』今トレンドの外観って?

  • #インテリア・デザイン
  • #注文住宅
  • #施工事例
  • #新築住宅
  • #外観
  • #基礎知識
  • #家づくり
  • #外壁
  • #サイディング
HASU

登別室蘭 / HASU

目次

皆様こんにちは~!
ロゴスホーム登別室蘭支店インテリアコーディネーターの はす です!

最近とても寒くなってきましたね!
皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は朝起きるのが徐々に辛くなってきています…(笑)

寒さに負けじと朝イチの筋トレを始めたのですが、
寒さには全然勝てそうにありません!
朝から元気ハツラツに過ごしてみたいものです…(笑)


さて、余談はこのくらいにして
さっそくですが今回のテーマは
お家のお顔、「外観」についてです!!


おうちづくりを考えたことがない人でも、
「このお家かっこいいな」だとか、
「こういう形の家もあるんだ」
などと思ったことありませんか?


外観は最も人目につきやすく、皆さんの個性を表現できる重要な部分になります!
まさにお家のお顔!!!

皆さんもインテリアに流行があるのは
カフェやお店に行くと実感できるかと思いますが、
外観にもトレンドがあるのはご存知でしたか??

今回はトレンドの外観について
施工事例をもとにご紹介していきます!

と、その前に、、、
まずは皆さんがおうちづくりで外観を考えるときに
必要な基礎知識からお話していこうと思います。

サイディングって?

皆さん、サイディングって聞いたことありますか?
私は正直このお仕事に就くまで一度も聞いたことがありませんでした(汗)

簡単にお伝えすると、
外壁に貼る仕上げ材の一種で、
現在最も主流な外壁材になります。

皆さんが日頃目にするお家の多くは、
このサイディングが使われています。

でも色んな質感のお家があるのに、全部一緒の種類なの?
と思いますよね!

サイディングとひとくくりにお伝えしましたが、
大きく分けて4種類あります。

①    窯業系サイディング
②    金属系サイディング
③    木質系サイディング
④    樹脂系サイディング

ではそれぞれの特徴を見ていきましょう!

①窯業系サイディング

窯業系は以下のお写真のように、レンガ調やタイル調、木目調など色柄が豊富でデザイン性に優れたサイディングとなっております。


国内ではこの窯業系がトップと言われるほど
多くのお家で採用されている外壁材です。

窯業系はセメントベースに繊維質を混ぜたもので、
断面はこのような感じになっております↓


セメントベースなので、やや重さはありますが
表面に凹凸があるデザインの物が多く、
傷が付きづらく目立ちづらいといったメリットがあります!

その反面、凹凸がある分汚れがついたら落としづらいのでは?
と思う方も多いかと思います。

ご安心を!
窯業系には親水性のコーティングが施されているものがあります。
親水性をもたせることによって、
外壁と汚れの間に雨水などが入りやすくなり、
汚れが落ちすくなるというものです。

以上のようにデザイン性・機能性に優れたものが、人気の窯業系となります!

②金属系サイディング

続いては金属になります!
一般的に「ガルバリウム」といわれているものです。
皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?


ガルバリウムは今とても人気の高い外壁材になっていて、
よくインスタなどで 「#外観デザイン」 
と調べると、多くのガルバリウムのおうちが出てきます。


中はスポンジのようになっていて、
軽量で施工性に優れ、構造にも負担がかかりづらいのが特徴です。


表面は窯業に比べて凹凸が少ないフラットな面になるので
汚れが落としやすいというのは大きなメリットです。

その反面、傷がつきやすく目立ちやすいといったデメリットもあります。

しかしながら、モダンでスタイリッシュな雰囲気を演出できるガルバリウムは
とても人気が高く窯業系との相性も抜群の万能サイディングです!

③木質系サイディング

木質系とは名前の通り木材を使用した外壁材です。

窯業系にも木目調のサイディングは様々ありますが、
木質系は本物ならではを楽しむことができます。


窯業系や金属系にはない自然で高級感ある質感が特徴で
かつ、熱を吸収しにくく、断熱性が高いのも特徴です。

しかしながら、本物の木材を使用しているので
水に弱く他の外壁材に比べメンテナンス性に欠けるというデメリットも。
ただ、その高級感ある質感は憧れを抱く人も多いのではないでしょうか?

個人的にも高価でなかなか手が出しづらいサイディングの印象が強いですが、
実際に使用したお家を見ると
その高級感には圧倒されてしまいます。

④樹脂系サイディング


樹脂系は日本ではあまり普及しておらず、
アメリカなどの海外で主に使われている外壁材になります。

主に塩化ビニル樹脂を用いて作られる外壁材で
軽量かつ耐久性にも優れています!

しかしながら、デザインが少ないからか
日本国内での普及はなかなか進んでおらず
取り扱っているメーカーが少ないことに加え、
その分施工費も高価になってしまいます。

ロゴスホームの外壁材

以上の4つがサイディングと呼ばれる部材の主な種類になります!

ロゴスホームでは商品にもよりますが、
主に窯業系と金属系の2種類の外壁材から
お好みのものをお選び頂いております!

中でもどういった組み合わせや色味が人気なのか
気になりますよね??

ではここから本題の「トレンドの外観」に関して
施工事例を用いてご紹介していきます(^^)

窯業系


まずは窯業系の外観から。

こちらのお家は窯業系サイディングのみでコーディネートされていますが
ルーバースクリーンと呼ばれる羽板を組み合わせたものを
正面に用いることで高級感のある外観に仕上がっています。

サイドはルーバースクリーンと同系色の窯業系を用いて
統一感が有りつつもしっかりルーバースクリーンが引き立つような
外観になっています。


夕暮れ時はルーバースクリーンの中の窓に夕日が反射してとても綺麗です。


夜になると玄関ポーチの明かりや、
窓からの明かりが微かに外に滲み出て
温かみのある印象に仕上がります。

このように、日の当たる時間と日が落ちた時間とではまた違った外観の楽しみ方ができるのも
おうちづくりの際には重要なポイントになるかもしれませんね(^^)

ガルバリウム


こちらはダークトーンのガルバリウムをメインに
まとめた重厚感ある施工事例になります。

ガルバリウムはスタイリッシュでモダンな雰囲気
お好きな方にはとてもオススメの外壁材になります!

一見ただの黒かと思いきやそうではありません!!

幅の広さが違うガルバリウムと、黒木目の窯業系を組み合わせた
黒の中にもこだわりのある外壁材で仕上げた外観になります。

また、サイディング全般に言えることですが
種類によって縦張り横張りどちらにも対応できる商品があります。

今回のおうちですと、
右側は横貼りのガルバリウム
中央とは縦張りといったように
同じ部材でも貼る方向を変えるだけで
印象も大きく変わります。

特に明るい色の木目調の外壁材などですと
縦と横で印象が大きく変わるので
貼る方向にも目を向けると
自分好みの外観が見つかりやすいかもしれません(^^)

王道!窯業系(木目調)×ガルバリウム


これは皆さんもインスタや新築物件などで
よく見かける組み合わせではないでしょうか??

窯業系の中でも特に木目調のものは年代問わず人気が高いです!
今回の施工事例ですと木目調もガルバリウムもどちらも濃いお色ですが
明るい木目調のものに変えるだけでガラッと印象が変わります。

木目の優しい印象がありつつも、
ガルバリウムでかっこいい印象が融合した
老若男女問わず人気のコーディネートになります(^^)

窯業系(セメント調)×ガルバリウム


窯業系といっても様々な種類がある中で
近年注目を浴びているのがこちら
セメント素材を生かした外壁材になります。

今回の施工事例にはKMEW(ケイミュー)の
「SOLIDO(ソリド)」と呼ばれるシリーズのものになりますが
室内にも使える部材として、人気の高いものになっています。

一枚として同じものが存在しないのも特徴で
自然な質感と見た目がとてもアクセントになる商品です。

家具でもモルタル調や石目調のものがトレンドとなっていますが
外観でもこういった無骨なデザインのものが
多くの人を魅了しています。

窯業は一番色柄が豊富なサイディングなので
是非お好みのものを探してみてくださいね♪

最後に

以上4つの施工事例をもとに
今人気でトレンド感のある外観についてご紹介しました!

いかがでしたか?
皆さんに「いいな」「素敵だな」と思って頂けるような
ご紹介となっていれば幸いです。


先程もロゴスホームでは窯業系とガルバリウムを
主に使用しているとお伝えしましたが
まだまだ素敵な外観のおうちづくりを行っております!!

三角屋根や平屋などなど、
お客様のお好みに合わせて設計とインテリアコーディネーターが
ご提案させていただきます。

おうちづくりでまず悩む外観ですが
人目に一番つくからこそ、こだわって選びたいですよね!
モデルハウスや完成住宅見学会なども行っておりますので
是非お気軽にご参加下さい!

人生最大のお買い物ですから
ご自身のイメージをより膨らませて
おうちづくりを是非楽しんで頂けたらと思います!


本日は最後までお読み頂きありがとうございます!

今後もインテリアコーディネーター目線でおうちづくりのお役立ち情報など発信していきますので、是非今後ともご覧いただけたらと思います!

では今回はこのへんで!次回もお楽しみに☆

ロゴスホームのことが
もっとわかる
カタログがもらえる!

写真:資料
写真:資料

資料請求する

share

ライター

HASU

登別室蘭

HASU

HASU の記事一覧へ