ブログ

ウィンドウトリートメントについて知ろう!の写真

ウィンドウトリートメントについて知ろう!

  • #インテリア・デザイン
  • #内装
  • #基礎知識
  • #家づくり
  • #新入社員
  • #新卒
  • #ロールスクリーン
  • #メリット
  • #デメリット
  • #カーテン
  • #インテリア
REIREI

旭川 / REIREI

目次

ロゴスブログをご覧のみなさん、こんにちは!
新卒インテリアコーディネーターのれいれいです。
前回の投稿では自己紹介をさせて頂きました!

今回からはマイホーム計画中の方、ロゴスホームに興味をお持ちの方
もちろんそれ以外のみなさまにも、お役に立てる情報を発信していきたいと思います!

それでは、最後までお付き合いよろしくお願いします!

最近のロゴスホーム旭川

先日、支店の大掃除(?)が行われました!

わたしは研修の為参加できませんでしたが、
毎日の掃除では難しい部分・ショールームのあらゆる箇所を、支店のみんなで綺麗にしました!

そうそう・・・

打合せスペースといえば、ロールスクリーンが新しくなりました!
旭川支店には窓際の打合せスペースが2か所あるので、それぞれ微妙に色を変えてみました。
(本当に微妙ですが…)

お越しの際は、是非チェックしてみて下さい!

さて今回は、そんな窓回り、ウィンドウトリートメントについてお話していきたいと思います!

そもそも、ウィンドウトリートメントとは???

インテリアの世界では、カーテンや窓まわりの装飾などのことを総称して、
ウィンドウトリートメントと呼ぶそうです。

ウィンドウトリートメントの役割

  • 窓まわりの装飾性(インテリア)
  • 視線のコントロール
  • 室温の調整
  • 光の調整や遮光

さらに、吹き抜けなどに位置する窓も、床が日焼けしてしまわないよう
ウィンドウトリートメントが必要になってきます。
開閉作業が困難な高所にある窓でも、電動のタイプにすることで簡単に開閉が可能になります。
配線計画の打合せの際には、そのあたりも考慮して提案させて頂きますのでご安心ください!

また、ウィンドウトリートメントはインテリア全体を考える上でも重要な要素となりえます。

大きな家具や家電に比べ、取り替えが簡単なので、
季節や気分に合わせてちょっとウィンドウトリートメントを替えるだけで
お部屋のイメージを大きく変えることができます!

それでは、具体的な種類を見ていきましょう!

  1. ロールスクリーン
  2. カーテン
  3. シェード
  4. プリーツスクリーン
  5. ブラインド

(※更に、それぞれの生地・レース生地、カーテンレール、操作方法とその位置や色など、
打合せでは選ぶことがたくさんあります・・・)

さて、それぞれ詳しく解説していきます!

1.ロールスクリーン


(イラストは苦手なので、写真をお借りしてご紹介します)

ロールスクリーンとは生地を上下に巻きあげて開閉するもので、部屋の仕切りや収納の扉代わりに使われることもあります。

器具から取り外して洗えるタイプや遮光生地のものもありますよ!
操作方法も、チェーン式、コード式など数種類から選ぶことが出来ます。

さらに!
みなさん調光ロールスクリーンというものをご存知でしょうか?

調光ロールスクリーンとは…


このようにボーダーのような見た目のロールスクリーンです。
前後2枚の生地をスライドさせて、光の量調節します。

1台で目隠し・調光・開閉の3つの役割をこなす優れモノです!

2.カーテン


(ロゴスホーム旭川・過去モデルハウス)

カーテンは厚地のドレープカーテンと薄いレースカーテンに分かれています。
生地・柄ともにたくさんの種類があり、着脱が簡単でお手入れが楽なのも魅力の一つです!

さらに打合せでは、取り付けるカーテンレールや房掛けも決めていきます。

3.シェード


シェードとはカーテンを折りたたみながら上下に開閉させるものです。
生地自体はカーテンと同じなんだそうです。

しかし、取り外して再度付け直すのが大変なので、こまめに洗濯したい場合は避けたほうがよさそうです。

4.プリーツスクリーン


(ロゴスホーム旭川・過去モデルハウス)

プリーツスクリーンとは名前の通り、スクリーンをプリーツ状にしたものです。
上下2段式になっており、開閉・遮光など一台で多くの機能を果たしてくれます。

生地は不織布や和紙などで出来ているものが多く、和室に多く使用されます。
写真はロゴスホーム旭川のモデルハウスですが、洋室のインテリアにも合いますね!

5.ブラインド


(ロゴスホーム旭川・過去モデルハウス)

ブラインドはスラットと呼ばれる帯状の羽の角度を調節し、光の量をコントロールします。
視線を遮りながら風を通すことが出来るという優れものです!

木製のウッドブラインドなどは、高級感が出て素敵です。

さらに、ブラインドには縦型のものが存在します。

バーチカルブラインド


バーチカルブラインドは横型のブラインドとは異なり、1枚1枚が独立しています。

生地を1種類にしたり、レースと厚地の両方にしたり…
開閉器具をバトン式にしたり、コード式にしたり…

ご要望に応じて使い勝手が変えられます!

なにより、見た目がスタイリッシュで人気です。

さらに

ウィンドウトリートメントはインテリアとしてだけでなく、
ライフスタイルや機能性に応じて選ぶことも大切です。

例えば

定期的に洗濯はする?しない?サッと拭く程度が良い?

寝室は遮光生地が良い?朝日が入るほうが良い?

すっきりした印象の白にしたい?
それとも汚れは目立たないほうが良い?

などなど
お客様によって、こだわりは様々です。

他にも

子ども部屋は、お子さんが大きくなっていくにつれて好みが変化すること
将来部屋の用途も変わっていくことが想定されます。

そのような場合には、カーテンレールだけを取り付けることがあります。
そうすることによって、あとから好みの既製品カーテンに出来ます。

ニ〇リさんや大手の通販サイトでは、
既製カーテンだけではなくセミオーダーやオーダーもあるので
それで十分!という部屋の為の、一つの選択肢です。

最後に

ここまで様々なウィンドウトリートメントについて紹介してきましたが
この他にも、細かく決めなければいけないことがたくさんあります。

様々なことについて考慮しつつ、家一軒分のウィンドウトリートメントについて考えるとなると、
かなりヘビーな作業になってきます。

ウィンドウトリートメントに限らず、内装についてたくさんのことを決めていくのは
とても大変な作業です。

そんなとき、アドバイスや提案をするのがインテリアコーディネーターです!
一緒に考えて、納得できる家づくりのお手伝いをさせて頂きます。

長時間の打合せは大変ですが、
そのプロセスを楽しい時間、いい思い出に出来ると最高です!

まだまだ勉強中のわたしですが、
お客様にお会いできることを楽しみにしています!

先輩ICとゆるーく更新しているインスタグラムもチェックお願いします

ロゴスホームのことが
もっとわかる
カタログがもらえる!

写真:資料
写真:資料

資料請求する

share

ライター

REIREI