スタッフブログ

土地と間取り事情!パート②

こんにちは!

苫小牧支店の横田です。

先週末、大学時代のバイト先の先輩の結婚式に行ってきました。

幸せ気分になったり、5年振りに会う方がいたり、バイト先だった居酒屋に3次会でいったり、

とにかく楽しい1日で、人との繋がりを大切に感じる日だったわけで・・・

たかがバイト、されどバイト!

働くことの大変さを初めて知った、大切な場所だなーとしみじみ。

北の味紀行 さっぽろっこ

恩返しがてら宣伝!笑

すすきのにあるので、是非行ってみてくださいー(^^)

 料理はもちろん、たくさんある地酒も美味しいお店です!

 

土地と間取り事情!パート②

引き続き、土地と間取りについてのお話を。

(前回は「苫小牧の土地と間取り事情」でしたが、勝手にシリーズ化)

土地の広告に、

「第1種中高層住居専用地域」「準防火地域」「建ぺい率60%」「容積率200%」

等と載っているのを見たことはありませんか?

これは、その土地に対して、建物を建てる際にかかってくる制限のことです。

市町村により、細かくエリア分けされており、必ず不動産屋さんの土地資料には載ってます。

土地情報の例→苫小牧市美園町4丁目11-6

 

用途地域

 用途地域とは、「第1種中高層住居専用地域」「第1種低層住居専用地域」など12種類の地域があり、建てられる建物の用途や高さ制限(絶対高さ制限、日影規制等)、大きさの制限(建ぺい率・容積率)等が、この地域によって決まります。

その中でも一番厳しい制限がかかるのが、「第1種低層住居専用地域」(以下、「1低」)

住宅や共同住宅(マンション等)は、だいたいどこの用途地域でも建てられます。

 

よく聞かれるのは

『周りにマンションは建ちますか?』『2階建より高い建物は建ちますか?』

 

実は3階建はどこでも建てられるんです!

 

一番厳しい「1低」でも、高さ10mもしくは12mまでなら建てられるんです。

(2階建住宅は7m前後)

※市区町村、土地の大きさ、間取りによる

 

「周辺に高い建物は建って欲しくない」という要望を100%叶えられる土地は、なかなかありません。

「生きてる間は、建って欲しくない」という考えであれば、「1低(2低)」で周りが新しいお家に囲まれている土地をお勧めします。

 

ただし、上記に挙げた「大きさの制限」や「高さ制限」があります。

 

大きさの制限(建ぺい率と容積率)

建ぺい率・・・敷地面積に対する建築面積の割合

容積率・・・敷地面積に対する延べ床面積の割合

建築面積・・・建物を真上からみた時の屋根がある部分の面積

(航空写真を真上からみた時の形の面積)

延べ床面積・・・壁と床と天井で囲われた、各階の床面積

(玄関ポーチや吹抜は含まれません)

 

苫小牧市美園町4丁目11-6

を例にすると、建築可能な建物は、

建築面積:敷地面積210.06㎡×建ぺい率60%=126.036

延べ床面積:敷地面積210.06㎡×容積率200%=420.12

 

ちなみに、ZERO-CUBEという当社規格住宅商品3LDKの大きさは、

建築面積:52.99㎡         (7.28×7.28)

延べ床面積:101.84

1階床面積:52.99㎡  (7.28×7.28)

2階床面積:48.85㎡  (7.28×7.28-吹抜0.91×0.91+0.91×3.64)

プラン1階プラン2階

 ということは、建築面積で言えば、この間取りの建物2つ分の52.99㎡×2=105.98

延べ床面積で言えば、この間取りの建物4つ分の101.84㎡×4=407.36

 

が建築可能面積ということになります。

 

第1種低層住居専用地域

では、上記の土地が「1低」だった場合、だいたい建ぺい率「40%」、容積率「60%」なので、

(※市区町村による)

建築可能面積

建築面積:敷地面積210.06㎡×建ぺい率40%=84.024㎡(>52.99㎡)

延べ床面積:敷地面積210.06㎡×容積率60%=126.036㎡(>101.84㎡)

ZERO-CUBEの間取りがちょうど余裕を持って建てられる土地ということになります。

 

ただし、建築面積には、ガレージや物置も含まれます。(屋根がある!=建築面積に含む!)

 

ガレージ1台分が約18㎡、物置が2坪だと約7㎡ なので、

52.99+18+7=77.99㎡となり、2台分のガレージ約36㎡は設置できないということになります

 

これらの大きさの規制は、敷地面積に対するものなので、

【土地が大きければ大きいほど、建築面積・延べ床面積の大きい建物が建てられる】

=3階建も建てられる!

(※高さ制限をクリアした上で)

【土地が「1低」地域にあり、一定の大きさで区画された分譲地で、新しい建物ばかり建ってる】

=3階建や大きい建物は建ちづらい!

となるわけです。

 

まとめ

 長々と書いてしまいましたが、何が言いたいかというと、

土地探しの際も、是非専門の者に聞きましょう!

(文章にすると恐ろしく表現しづらいことに気づきました・・・(^_^;))

以前のブログでも書いたように、お家作りを進めるには、土地がないと間取りは決定できません。

インターネットで調べた土地で、いざ間取りを書いてみる!となった時に、

要望の間取りにならなかったり、ガレージが置けなかったり・・・なんてことがたまにあります。

ロゴスホームでは分業制にしており、営業・設計・コーディネーター・工事・アフター、

それぞれが専門職として、お客様1組1組のお家作りはもちろん、住んでからもサポートさせて頂いてます。

分業制にしてる分、専門知識があり、提案に対する幅が広がります。

 

『まだまだ先の話だけど、ちょっと話を聞いておこう』

なんて軽い気持ちで良いので、是非ショールームやモデルハウスに来てみてください!

将来のお家作りに何かしら役に立つはずです(^.^)

各支店情報

 

このブログも誰かの役にたつと信じて・・・

次回も懲りずに『土地と間取り事情パート③』やります!

 

The following two tabs change content below.
よっこ

よっこ

日々学ぶことばかり。お客様から多くの「ありがとう」を頂けるようにわからないなりに、一生懸命勉強し、一緒に楽しんで家づくりができるよう頑張ります!
よっこ

最新記事 by よっこ (全て見る)


≫過去のブログはこちらからチェック!

ブログスタッフがおすすめする資料請求はこちら!

関連する記事