スタッフブログ

家具で作るモダンなお家

皆様こんにちは!

LH帯広のづっかです٩( ‘ω’ )و

S__6922250

 

 

九州に出張で行ってきました。

高校の修学旅行ぶりの九州。

 

大人になってからちゃんと観光に行きたいなとずっと思っていましたが

まさか出張で来れるなんて思いもしませんでした(笑)

とってもいい経験と、これからのお仕事の刺激となりました。

 

 

 

 

さて本日は!

「いまさら聞けないお部屋のあれこれ~モダンなお家の作り方~」

をお届けします!

 

 

前には「北欧テイスト」「シンプルモダン」についてブログを書かせていただきました。

「インダストリアルテイスト」とかも今後発信していければなと

思ってはいますが本日はあえて「モダンなお家の作り方」をご紹介していきたいと

思います。

 

 

 

そもそもモダンって何?

 

 

皆様は、

モダンな感じ!といわれて、モダンなお部屋のイメージがパッと出てきますか?

私もこのお仕事していなかったらきっと出てきません。(笑)

 

モダンと一言に言ってもシンプルモダンから和風モダンと

たくさんの種類があります…(笑)

 

 

モダンの言葉の意味としては、

「近代的であること」「今風でしゃれていること」「合理的で機能的なもの」

という意味があります。

 

いやこれだけじゃわかりません…!!(笑)

 

建築の中にはモダニズム建築というジャンルがあり、

モダニズム建築は19世紀から20世紀に建てられた建築のことを指します。

 

なので、モダンという言葉が「近代的であること」という意味合いを

持つのではないかなと個人的には思いました。

 

モダニズム建築でもモダンスタイルでも、

共通して言えるのが、住みやすさや便利さを追い求めたデザインで、

装飾や華美なデザイン性などは重視していません。

 

なので、もしかしたら皆様の中にはシンプルすぎて味気無い!と思われる方も

いらっしゃるとは思いますが、モダンテイストってそういうものなのだな

と思いながら見てください(笑)

 

 

モダンスタイルを作るうえで意識したほうがいいこと

 

 

モダンスタイルを作りためには、お家全体の雰囲気と

そこに置かれる家具がとっても重要になります。

 

自分たちがそこに住むわけですから、家具も必要になりますよね!

 

もちろん位置からお家を新築ということであれば、

建具から壁紙まで自由にデザインできますが、

今住んでいるお家をモダンテイストにしたい!とお考えの方も

色味、素材、インテリアと参考になることもありますので

新築じゃないから…と諦めず参考にしてみてください。

 

まずは素材からです。

 sozai

基本的にモダンテイストの素材としては、

「金属」「ガラス」「コンクリート」「木目(ウォールナット系)」が主な素材となります。

本当ならば有機物(炭素を含むようなもの)よりも、無機物の方がモダンとしては

正しい形になります。

 

しかし、住宅を建てる際、木材を使わないという選択肢はほとんどありませんよね。

 

木造建築が主流な日本にとって木造建築以外で住宅を建築しようという方は

数少ないと思います。

 

フローリングの時点で木材を使うことが大前提です。

 

じゃあモダンテイストにできないの!?

 

そういうわけではありませんのでご安心ください(笑)

その方がよりモダンテイストに近付きますよということであり、

フローリングだからモダンテイストができないなんて話ありません!!

 

フローリングの色味、建具の色味さえ気にして選んでいただければ

モダンテイストを作ることができます!

mokume

 

 

 

木目といっても様々な色味があります。

左から「オーク」「パイン」「チェリー」「ソフトオーク」「ウォールナット」「ホワイトウッド」

です。

モダンテイストを目標にしているのであれば、

「オーク」のような明るくナチュラルな色味よりも、

「ウォールナット」や「ホワイトウッド」の方がカッコよく仕上がります。

 

 

次に色味のお話です。

白、黒、グレーのモノトーン、濃いグレー、紺色、ワインレッドなど深みのある色。

アクセントカラーに、ビビットカラーを使うこともあります。

 

でも、色を入れなければいけないわけでもありません。

適材適所にアクセントカラーを入れてあげることでイメージしているモダンテイストになります。

参考としては以下の色になります。

iromi

 

 

アクセントカラーをどこに取り入れたらいいのか。

もちろん迷うところですよね。

 

色を入れるのって本当に悩むんです。

本当に悩むんです…!!!!

 

壁一面に入れるのか、部分的に入れるのか、それとも

小物や家具で色を取り入れるのか。

 

様々な部分で色を取り入れることができる箇所があります。

 

 

しかし、言ってしまえばこれも好み。

 

テイストって、色味さえ気にしてしまえばお客様の好きな空間に変幻自在なんです。

正解なんてありません。

 

壁一面にカラーを入れる場合、家具はあまりカラーを入れすぎないように

した方がまとまると思いますし、

壁を白にして家具で色味を入れてあげるのも素敵な空間になります。

 

家具も、装飾がされているようなものよりも、

シャープで、スタイリッシュな家具がとっても似合います。

木で作られた暖かみのある家具よりも、

金属、革、ガラスで構成されているようなものをおすすめします。

「冷たい」というような印象を受ける方もいるかもしれません。(笑)

 

どちらかというと曲線が使われいる家具よりも、

直線的で、パキッとしている家具の方がよりカッコよさを演出できますよ!

 

自分がどんなテイストが好きなのか、

新築をお考えの方、今一度妄想を膨らませてみてください!

 

様々なテイストがあり、住む人に寄り添ったご提案ができます。

 

 

それでは今回のブログはこの辺で。

また次回お会いしましょう。

 

 LH帯広のInstagramFacabookはこちらから!

 

 

 

The following two tabs change content below.
づっか

づっか

インテリアコーディネーターロゴスホーム帯広
お客様の抱く理想の家、インテリアを形にするお手伝いをさせていただきます。楽しく一緒に家づくりしましょう!
づっか

最新記事 by づっか (全て見る)


≫過去のブログはこちらからチェック!

ブログスタッフがおすすめする資料請求はこちら!

関連する記事