スタッフブログ

ロゴスホーム本社 エルミナがすごかった件。

  お昼の12時に函館を出発して、ほんのり暗くなり始めた頃につきました、帯広!

営業のよしひこと、店長設計のちゃっきーと3にんで向かった帯広!

お客様の打ち合わせ内容を引き継ぎするため、伝え漏れが無いように念入りにまとめや資料をチェックして、ちょっと緊張しながら行ってきました帯広!

ロゴスホームのショールーム『エルミナ』

メインの任務を終えた後は、ずっと見たかったエルミナの見学をしてきました!

「建物の中に家があって、天気に左右されずに見学ができる。」

と、聞くだけですごい建物だなと思っていて。

このたび入社して初めて、お目にかかることができました!

S__3473410

わぁ~すご~い。。。わぁ~。。。へぇ~。。。

自社ながら、他店のモデルハウスを見るのは真新しいものばかりで、勉強になるものです。

函館と帯広の距離なので、気軽にちょっと行く感じではないので、しっかり見てきました!

4種類のコンセプト&スタイル

その大きい建物の中に、4件ものモデルハウスが設置されてました。

それぞれには家族構成が設定されていて、

S__3473420

こんなふうに入口にコンセプトとスタイルが書かれてあるボードで案内してくれてました。

S__3473411

しっかり見学したので、歩く速度がおそいおそい。わたし。

BGMも心地よくて、仕事目線になることをたまに忘れた時間もありましたね。

S__3473412

この色と雰囲気、~~さん好きそう!こんなの~~さん喜びそう!

とか、担当しているお客様の顔を思い浮かべながら気づくと写真撮影にも力が入ってしまって。

S__3473413

家具や小物のセッティングのアイディアも、なるほどねぇ~と。

S__3473414

大好きな布類はちょっとさわってみたりして。

 

そして、引きの目線で見た後は、だんだん視界が狭まってきます。

じっくり具合に拍車がかかってきて、角度を変えて見たくなります。

S__3473416

裏側や、メーカーが知りたくなります。

S__3473417

そしていよいよ、きっと建築系の人間はみんなやってしまう、

超近距離からの見学。

S__3473418

こんな目線になっていきます。

そして、部材、建材すらもアートに感じてきてしまったとき、

S__3473415

どこ?

という写真も撮りだします。

これは、エルミナの一部ですけどね。

こういう部位を見ると、頼もしさを感じます。しっかり留まって支えてくれているんだなと。

構造も見せてくれるモデルハウス

建築途中で構造を見ようとすると、

「この工程の後のこの工事の前が一番構造がわかりやすい」

っていうタイミングがちょっと難しい。

内部を見ることができる期間が短いので、モデルハウスでこんな風になってくれていたら、

S__3473421

いつでも安心の構造を確認することができて、とってもいい!!!

いろんな部材、箇所、名称が出てきて、一気に説明されても、なんだったっけ?

ってなることもあるでしょうし、ネットで調べても写真だけだとわかりにくかったりするから。

POPでの説明もまたわかりやすくて、これはいいですねー!

S__3473422

わたしたちスタッフが口で説明できても、やっぱり実際に見てもらうのが一番。

だから丈夫であったかいんだ!

から、だからビスが届かないから下地を打っておきましょうね!

まで、見て納得してもらえるとってもいい環境でした。

S__3473424

腰壁ってこんな。そしてこれが笠木。

そんなのもここで知ることができますね。

仕様を決めていく打ち合わせでも出てくる名称。

聞き慣れないと、今どこの色のこと言ってるんだろ?と思うこともありますよね。

S__3473425

ボードや断熱材を入れて閉じる前の状態も、かっこいいですね。

木材の力強さ。

均等に並んだまっすぐなスタッド。

木材の匂いがまた、現場のダイナミックなドキドキ感を思い出させてくれて。

 

・・・私の目線ではなく、素敵にご紹介もしているので、コチラもご覧ください↓

http://www.logoshome.jp/lp/lmina/

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ゆみさん

ゆみさん

インテリアコーディネーターロゴスホーム函館
家族みんなが笑顔で過ごすことができる家づくりが目標です。一件一件、お客様らしさをかたちにしていけたらと思っております。

≫過去のブログはこちらからチェック!

ブログスタッフがおすすめする資料請求はこちら!

関連する記事