スタッフブログ

震災時の太陽光発電システムについて

北海道胆振地方中東部で発生した地震で

被害に遭われた皆さまに対し、

謹んでお見舞いを申し上げます。

 

震災時の太陽光発電システム

取扱いについてご案内致します。

 

  停電時の自立運転方法

①パワコンの自立運転用コンセントの位置を確認する。

②取扱い説明書で「自立運転モード」への切り替え方法を確かめる。

③主電源ブレーカーをオフにする。

④太陽光発電ブレーカーをオフにする。

⑤「自立運転モード」に切り替える。

⑥自立運転用コンセントに必要な機器を接続して使用する。

※タコ足配線はしないでください。

⑦停電が復旧した際は、必ず元に戻す。                                (自立運転モード解除⇒太陽光発電用ブレーカーをオン⇒
主電源ブレーカーをオンの順で復帰)

 

メーカーや機種により操作方法が異なる場合

もありますので、必ず取扱説明書をご確認ください。

 

 

家屋と共に倒壊した太陽光発電システム

住宅等の屋根に設置されていた太陽光発電パネルや、

屋内外に設置されていたパワーコンディショナ、接続箱が震災で破壊され、

家屋などのがれきと共に堆積している様な場合、

太陽光発電パネルに太陽の光が当たれば発電する可能性があり、

素手などで触れると感電する恐れがあります。

 

又、太陽光発電パネルに配線でつながって いる接続箱やパワーコンディショナなどからの

漏電により、感電や火災の危険もありますのでご注意ください。 

 

 

皆様が一日でも早くいつもの生活が取り戻せますよう、お祈り申し上げます。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
もーちゃん

もーちゃん

ロゴスホームのZEH担当として、ZEHの素晴らしさを伝えるために活動中!!

≫過去のブログはこちらからチェック!

ブログスタッフがおすすめする資料請求はこちら!

関連する記事