スタッフブログ

やっぱり家を建てて良かった、一家の大黒柱として

 

営業部の谷口です☮

 

先日、あるイベントに参加して

17kmのウォーキング+8kmのランニングに挑戦し、

翌日両足が疲労骨折したと思えるほど激痛でした。。

 

自分が思っているほど体は強くなくて、

自分が思っている以上に老いは早いなと

つくづく実感。。。

 

今回は

『こんなにひ弱な僕でも、家族に残せるモノは何か』

というテーマでブログを綴らせていただきます。

 

 

 

やっぱり、家を建てて良かったと思います

 

僕は今、旭川に賃貸アパートを借りながら

拠点を旭川に置き、

ハウジングカフェ旭川店の勤務や

札幌や道外出張に繰り出す日々ですが、

僕の家族は十勝の芽室町に住んでいます。

 

3年前に建てた、マイホーム。

 

釧路勤務時代から数えると

かれこれ単身赴任生活は3年になり、

週一でマイホームに帰るのが僕にとっての充電タイム。

 

これからも目一杯働いて、

家族を養って、

住宅ローンを支払っていきます。

 

子どもが将来大学に行きたいと言うなら

大学に行かせてあげたいし、

妻がちょっとはオシャレをしたいって言うなら

たまには欲しい服だって買わせてあげたい。

 

そうなふうに、

少しくらいは贅沢をしながら、

人並みに幸せな暮らしを自分の家族にもさせてあげたいと思っています。

 

今後もし、

住宅ローンを返済中に自分が死んでしまっても、

団体信用生命保険という住宅ローンに付随した保険に加入しているため、

残された家族は住宅ローンを返済しなくても大丈夫。

 

家族はマイホームを手放す必要がありません。

 

その保険には8疾病まで付いているため、

僕が癌と診断されただけで、住宅ローンの残債が0円になるケースもあります。

 

マイホームを建てる前に、

住宅ローンを借りる前に、

家族を残して死んでしまったら、

ずーーーっと

妻が子ども達のために

毎月家賃を支払って住まいを用意しなくてはいけない。

 

マイホームを取得するという事は、

『家族を守る』という事に

ちゃんと繋がってくれているんだと思うと、

僕は家を建てて良かったと思います。

 

 

ビルが立ち並ぶ東京の景色をバックに、

『亭主元気で留守がいい』

にちなみ、

『亭主元気でマイホーム』

という言葉を思い浮かべながら、

今日想ったのはそんな事です。

 

IMG_5257

(このビルの中に、家族の為に働く亭主がたくさんいるんだな・・)

 

 

 

あっという間に小学生

 

上の娘が春から小学生・・・

マジか!!!

少し前までお腹の中にいたのにな・・・

頑張れ~(^_^)

 

IMG_5176

 

 

 

The following two tabs change content below.
ふーみん

ふーみん

自信を持ってご提案できるロゴスホームの家づくりを、これからもより多くのご家族にお伝えしていきたいと思います!

≫過去のブログはこちらからチェック!

ブログスタッフがおすすめする資料請求はこちら!

関連する記事