ブログ

ロゴスホームのお家作りの流れの写真

ロゴスホームのお家作りの流れ

こんにちは。

駐車場の氷割りをしたら手に豆ができるという、

しばらくパソコンのマウスしか握っていない運動不足の横田です(._.)

 

先日、苫小牧・千歳支店合同で、忘年会がありました!20141218_204250

この時期は忘年会シーズンですねー。

明日、苫小牧では協力業者さんとの忘年会もあります!

みなさん、飲みすぎには注意しましょー。

 

お家作りの流れ

ロゴスホームで自由設計のお家を建てる場合の流れをご説明します!

絵でみる流れはこちら!→家づくりのプロセス

ロゴスホームは完全分業制にしており、ホームアドバイザー・ホームデザイナー・インテリアコーディネーター・ホームエンジニア・アフターメンテナンスとそれぞれ一人ずつ担当がつきます。

 

①まずは資金繰りの相談や土地探し

ホームアドバイザーがお話を聞いて、最適な銀行の提案や、商品の提案(注文住宅や企画住宅)、土地の提案をしていきます。

土地はその時のタイミイングが重要で、不動産屋やネットに出てきた土地が、数時間後には商談中になってたりなんてことも。

現地の視察含め、1週間あれば決まる方もいれば、1年待って決まる方と様々です。

 土地にまつわる話は過去のブログをご覧くださいー!→よっこ(横田)の投稿記事

 

②土地が決まると、次はお家の話へ

ホームデザイナーが直にお客様の要望をお聞きとりして、お家のデザイン含め提案していきます。

特殊な御見積等なければ、だいたい1週間スパンでプランと御見積ができて、打ち合わせを重ねていきます。

こちらも早い方だと2・3回目の提案で間取りが決まる方もいれば、半年くらいじっくりかけて決まる方と様々ですが、平均すると初回提案時から1か月半ほどです。

 

③間取りや外観が決まると、次は仕様打ち合わせ

インテリアコーディネーターと、内装や外装、照明器具やクロスなど、細かい仕様を決めていきます。

選べる標準仕様が多いのと、コーディネーターがつくこともあり、ほんとに細かな打ち合わせを重ねていくので、打ち合わせはだいたい1か月くらい。

1回目の打ち合わせの際は、午前中から始め、夕方まで一気に決めていきます。

 

④仕様が決まれば、いざ着工!

現地でホームエンジニアと建物配置を確認してから、着工となります。

ホームエンジニアの仕事についてはこちら!→現場監督のお仕事

工事中の現地での立会などの際は、ホームエンジニアが付き添います。

工期は坪数にもよりますが、平均して3か月でお家が完成します。

 

⑤お家は建ててからも大事!

完成→御引渡しとなりますが、それで終わりではなく、アフターメンテナンスがあります。

半年・1年・2年・5年・10年と定期点検があり、その際は、本社から案内のハガキが送付されます。

希望日時や気になるところを書いて返信して頂き、アフター担当から連絡を入れ、お家の点検!

木材の乾収縮により、建てつけが悪い建具の調整や、床鳴りなどは電話1本頂ければ、駆けつけます

 

完全分業制の長所と短所

長所

専門職として携わるので、知識が豊富

・細かい要望を引き出すことができて、より良い提案ができる

・分担することで効率がよくなり、素早い提案、対応ができる

・人件費の削減

などなど。

逆に短所は、『○○さんには伝えたんですけど、聞いてませんか?』ということがしばしば・・・

これはこちらの引き継ぎミスが原因によるもので、マニュアルを見直し、日々改善していってるところです!

 

まとめ

もちろんお家作りにはたくさん考えることがあり、上記の流れがすべてではありません。

例えば、建て替えの場合だと、打ち合わせが終わってから後はできるのを待つだけという流れでなはく、

工事中の住まい探し→引っ越し→解体工事→着工

と、着工前にやることが3工程も多くなります。

前回ブログの『兄とのマイホーム話』で書いた、親との話し合いが先に必要だったりなんてことも。

 

たくさん悩みが出てくるのがお家作りです。

たくさんの悩みの分、たくさんの人で悩んだ方が解決につながることもあるはず!

行き詰ったときは、それぞれ専門職としての担当がいるので、聞いてみてください(^^)/

 

share