ブログ

今更ながらの自己紹介の写真

今更ながらの自己紹介

 こんばんは。

苫小牧支店の横田です。

今日は協力業者の方と札幌にて食事に来ております。

急なお願いも快く引き受けてくださり、いつも助けて頂いてるのですが、
今日も息抜きにと誘って頂きました(^^)
 20141125_204042
そして僕がなぜこの仕事に就いたのかという話になり、
そういえばブログが切り替わってから自己紹介等というものをしてなかったー
と、ふと思ったので、いざ!
 

 

プロフィール

生年月日:1989年1月25日
出身:北海道伊達市(生まれも育ちも道産子!)
学歴:北海学園大学工学部建築学科
入社:2011年4月(現在4年目!)
血液型:A型(自分の周りに対してのみ几帳面→自分には甘い・・・)
性格:マイペース(自他共に認めるほど)
好きな食べ物:肉料理(特にカツ丼と生姜焼き)、鍋料理(冬は一人鍋!)、ご飯に合うものはなんでも好きです
嫌いな食べ物:なんでも食べます
好きなスポーツ:サッカー
趣味:スノーボード

 

住宅業についたわけ!

実は僕、建築学科に進学しておきながら、

まったく建築系の仕事に就く予定はありませんでした。

ちょっとぐれてた?中学校時代、すっごくお世話になった恩師みたいになりたいと思い、
大学1年目までは、中学校の数学教師になろーと、建築学科で教職をとってました。

建築系に進みたいと思ったのが、大学2年目の中頃あたり。
建築学科なので、建築の授業をとらない訳には行かず、
授業を受けてるとだんだんその楽しさや難しさに惹かれていったわけです。

それでも最初から住宅業に就きたいとは思っておらず、

建築系の就職説明会は、スーパーゼネコンやリフォーム会社等、片っ端から参加してました。
住宅業に関して当時感じたのが何より遣り甲斐です。
 


・一生に一度のマイホーム作りをお手伝いするという遣り甲斐
・お客様と一緒に考えたものが形になることの遣り甲斐
・人と直接関わることへの遣り甲斐

 

後はもうひたすら住宅業の選考を受けてました。

就職氷河期の真っただ中にも関わらず、

やりたいことを見つけ、すっごくわくわくしながら就職活動をしていたのを鮮明に覚えてます。

 

教職に就きたいという思いも、結局は人と深く関わる仕事に就きたいんだなーと就職活動を通して発見することができました。

 

 

ロゴスホームに入りたいと思ったわけ!

一目惚れでした。

一目惚れを初めて経験しました!

『たくさんのありがとうを頂ける会社』

『サービス業であり続ける』

この思いを伝えるために、社長自ら説明会に参加していて、他では感じなかったものを感じ、とにかく【一目惚れ】っていう言葉がしっくりくる感じです。

ただ家を売るって考えではなく、お客様が心より納得いく家作りをお手伝いする。

当たり前のことかもしれませんが、働いてからもより一層その考え方に共感してます。

 

もちろん他にも理由はあり、何より心に残ったのが

『設計が設計する』

当たり前のことだと思いますよね?

実は多くの住宅会社は営業さんが間取りを書いてます。

それをパソコンでキレイに清書するのが、多くの住宅会社の設計の仕事となってます。

ロゴスの場合、設計が直にお客様の要望をお聞きとりして間取りを提案します。

営業、設計、コーディネーター、工事とそれぞれ完全分業制にしており、

例えば、

・資金計画や銀行のことは営業に 

・間取りや性能に関することは設計に

・内装や外装のデザインのことはコーディネーターに

・工程や品質については工事担当に

その分業制にも惹かれました。

 

自分がやりたいことを専門職として、お客様に提案できる

専門職として知識を高め、自分のやりたいことを仕事にできる。

それがお客様に対してもより良い提案ができると思いました。

 

まとめ

今まで散々専門的なことを書き綴って来たのに、

なぜ急に自己紹介をしようかと思ったのか。。。

マイホームという大事な家族の夢を形にする手伝いをする上で、ちゃんと自分を知ってもらわねばと急に思い立ちました!

 

家族の拠点となるマイホームを手伝いするには、自分のことも知ってもらったうえで、打合せできたらなーと。

今この仕事をしてる原点を思い返して、これからもお家作りに携わっていけたらと思います(^_^)

 

就職活動もそうですが、まずは説明を聞きに行く。

まずは行動を起こしてみるってことは、何かしら発見がある筈です。

今週も苫小牧ではモデルハウス公開をしてます。

ぜひぜひ、直に話を聞きにきてください\(^o^)/

共感できる部分、新しい考え方、何かしら発見があるはずです!

 

share