ブログ

適切なアドバイスの写真

適切なアドバイス

こんにちは!

ロゴスホーム苫小牧支店の川田です!

台風が近づいて来ていますね(-_-;)非常に勢力が強いとのことですので、みなさんもご注意下さい。

ちなみにこの台風は「西の神」こと川田が呼び寄せた訳ではありませんよ(^_^.)

飛び込み営業の大工さん

さて今回は私の実家で起きた出来事をご紹介しようと思います。

ある日川田家に飛び込み営業で「大工」と名乗る方がやってきたそうです。

その大工さんの話では「川田家の構造躯体はもう腐敗してボロボロです」「断熱材ももう劣化してますね」などなど

確かに築20年以上ですし、雨漏りも2回ほどしてますが…。(^_^.)

まだまだそんなにひどくは無いはず。

しかしその大工さんが言うにはすぐに「リフォームした方が良い」とのことです。

適切なアドバイス

その大工さんは実家の廻りをぐるっと見渡して、「リフォーム」を進めてきました。

家の中も確認して欲しいと依頼したそうですが、「外だけ見れば大体検討はつくので大丈夫!」と言われたそうです。

そこで川田の母から依頼を受けて「小屋裏」を確認してみることになりました。

実際に小屋裏を確認しても腐敗してる箇所は見当たりませんでした。雨漏りしたであろう箇所も劣化は見られませんでした。

__

※実家の小屋裏です。

ついでに屋根板金の方も確認して依頼人(川田の母)へ報告しました。

報告の際には写真撮影したものも合わせて、『どこがどのような状態だったか』 『この状態だと何が心配されるか』 『すぐ対策が必要なものなのか』など

 

説明の際には結果(リフォームが必要)』という一方的なものではなく、

理由(構造躯体には劣化は無い)』から結果(急いでリフォームは必要無い)』という風に説明しないとダメだと思います(^_^.)

まとめ

実際に川田家は「大工」という肩書を「信頼」して、「リフォーム」を依頼しようとしていましたが「信頼している業者(私です)」に相談し延期にしました。

「マイホーム造り」でもお家の造り方がすべて分かる方は限りなく少ないですよね(-_-;)

「夢のマイホーム」なわけですから「本当に信頼できる会社」に頼みたい(^_^)

そんなお客様の「信頼」に応えられるように、スタッフ一同誠心誠意お家造りをサポートさせて頂きます!

マイホームをお考えの方はロゴスホームへ足を運んで頂ければ嬉しいです。そしてその際にどんなスタッフがお家造りのサポートしているのか探ってみて下さい(^_^)/~

 __

注:「通称:飛び込み営業の大工さん」にはご注意くださいね(^_^;)

 

 

share